ここまでの結果を報告するでー。はいドン!

まとめ
ということで約1週間(156時間分)の結果をがこれです。

【予想に関する考察】
正答率は、54.8%で、株価等の価格でよく言われているランダムウォークを考慮すると2択以上に当てているので、それよりはマシという結果ですね。

予測の内訳をみると次の1時間が上昇すると予想したのが85.1%で、上昇トレンドと予想していることがわかると思います。ビットコインの価格推移をみると、今回の範囲は、上昇トレンドであったので、そこは読み切れていると思いたいところです。

しかし、下落時に誤って上昇と予想(39.4%)して正答率を下げてしまっています。毎時間の予測を見ると(ここには載せてませんが)ある程度長い時間、上昇と予想しつづける傾向があったので、これが、上昇トレンドを読み切っての予想なのか、実際の上下期間よりも長いトレンドでしか予想できない結果の予想なのかが、現時点ではわからないところが懸念です。


【資産シミュレーションに関する考察】
今回は、100万円からスタートし、売買を繰り返すシミュレーションを実施しています。(ショートは実施せずロングのみ)。

結果としては、108万3485円でした。これだけみると8%増加でええやんけ!ってなると思いますが、ガチホしてた場合、107万6236円でしたので、それとあまり変わらないといえばその通りですね。ただし、手数料を考慮していないシミュレーションのため、ガチホだと手数料がかかってないので、その分さらにコスト差があるといったところでしょうか。

今回は上昇トレンドを読み切り、かつガチホよりも多く資産を増やせたので、まぁまぁな結果かと思います。下落トレンドの時に、資産減少を減らせるのかが、今後の一つのポイントかと思います。

懸念】
本AIは、暴騰、暴落に弱いと想定しています。今回の範囲では、(ビットコインにしては)安定した推移だったので、シミュレーション資産には、大きな被害がなかったですが、今後は暴騰、暴落でどうなるのか、要経過観察だと思っています。

なお、残念なお知らせですが、前回の導入記事通り、55%程度が、本AIの限界になるので、今後さらに正答率が上がっていくということは想定していないです。この正答率を維持できるか、が課題になると思います。正答率が維持できれば、現在、ロングしかしていないので、今後ショートを取り入れることで、儲かる機会は上昇トレンドの時だけでなく、下落トレンドの時も儲けることができるようになるので資産シミュレーションとしては、さらに増える可能性が上がると想定しています。

※注意事項
ツイッターにのせている予測内容は、個人の趣味であり、ツイート内容による運用結果について一切責任を負うことはできませんので、この内容に沿って運用するのはオススメできません。というか毎時間このツイートを見てトレードするのも大変だと思いますし。私は、自動取引ツールがあるので、できちゃうんですけど、やってないです。

ちなみにツイッターは以下です。