ビットコイン価格予測にLongShortTermMemory(LSTM)を導入しようとkerasおよびtensorlflowを導入しようとしたときのエラーとその対応についてのメモ書きになります。

それぞれのインストールコマンド



インストール自体は成功したので、pyファイルにimportして動作テストをしたところ、以下のようなエラーが発生。


つまりテンソルのモジュールがないよーって怒られています。はて?インストールしたがなぜ?インストール要件を確認しよう。

システム要件
・Python 3.5–3.7
・pip 19.0 以降(manylinux2010 サポートが必要)
・Ubuntu 16.04 以降(64 ビット)
・macOS 10.12.6(Sierra)以降(64 ビット)、GPU サポートなし
・Windows 7 以降(64 ビット)、Python 3 のみ
・Raspbian 9.0 以降
・GPU サポートには CUDA® 対応カードが必要(Ubuntu、Windows 用)

32bit

え?

32bitなんや

まさか?

うちのWin10は32bitなんじゃあああああああ

システム要件をそもそも満たしてなかったです。残念です。

【Windows10 32bit環境でLSTMを構築する方法】
とりあえず、LSTMを実装するには、以下の2択で実施する必要あり。

<案1>32bit対応している他パッケージを導入する
→chainerなどのパッケージでLSTMを構築する。

<案2>64bitOSに変更する
→64bitOSのマシンを買うのはアレなので、WSL(Windows Subsystem for Linux)でUbuntu64bitを導入して、その環境でtensorflowを構築する。

案2については、tensorflowで実装できるメリットがあるので、実施したいところですが、私の環境にはすでにWSLでUbuntu64bitが導入されており別用途で使用中であるため、tensorflow用には使えない。インスタンスを分ける方法もあるのだが、めんどいのでとりあえず、案1を今後試す予定です。chainerはほとんどしらないので、調べた結果をまた別途UP予定です。

検索結果

ウェブ検索結果案2については、tensorflowが